雑談で生きていく

南京虫のごとく、泥臭く生きる。今日も吸血中。

ブログを書くのがつらすぎるので、書く理由を最大限正当化して、自己洗脳してみた。

f:id:atyenoria:20180513201121j:plain


苦痛なこと程、得することが多い。しかし、苦痛すぎると継続できないので、その対策を考える

量は質を凌駕する。数年前に某団体主催の営業合宿でゴリゴリの営業マンが言っていた。もちろんエンジニアはいなかったので、アウェイだった。その分苦痛もあったが、 学びもかなり多かった。やはり苦痛が目に見えることほど、自分にとって得することが多いという直感があるので、意思決定をする際に常に辛い方を選んで来た(と思う)。

 

そこで、前々からメリットがあるとわかっていたブログを書く、自己発信をすることを始めた。しかし、序盤はかなりきつい。丸1日かかって、記事2本とかが現状限界だし、タイピング止まるので、なかなか進まない。そこで、ソリューションとして、ブログを書くメリットを可能な限りブレストして、またそれを促進するための日常的な手法についてまとめることにした。

 

 

ブログを書くことのメリットとは?

 

  • 数を重ねることで文章を書くのが早くなり、上手くなるので、普段の仕事に役に立つ
  • 普段からの自分の思考をまとめることができるので、雑談時や提案する際に、相手を納得させる能力向上
  • プロジェクトの新規立ち上げ時や、長期的なリレーションが必要な起業時の仲間集めの際に、あらかじめどういう人間かわかるので、話が早い
  • PVやCVをあげるスキルが身につく。プロジェクトでオウンドメディアが必要になったときなど使う。また、実績があるとそういった仕事に関わるチャンスが増える
  • 普段の労働集約型(単価が決まって働くような形態)以外の新しいストック型のビジネスが学べる。
  • 自分の実績やスキルが可視化できれば仕事が取りやすくなり、無収入で餓死する危険性が減る。また、何かのきっかけで転職やヘッドハンティングされる場合でも役に立つ
  • 思考の幅が広がり、生活の幅が広がり、よりよい機会が得られるようになる。その結果、ビジネス仲間が増えたり、結婚できたりする(あるのか?w)。
  • 自分は不器用なので、一度やったことは人に頼むことはできるが、全く未知の領域を人に振ることが現状できない。例えば、開発なら、タスクの投げ方がわかるが、マーケティングならそもそも何から手をつければよいのかわからない。
  • イケハヤさんが言っていた、頑張れば、頑張るほど楽になるスキームを体験したい。現状、労働集約型なので、どんどん忙しくなる。クソゲー

 

ブログを書くことのデメリットとは?

  • なし

 

ブログを効率的に書く手法

  • はじめの方は明確な数字を決める。100本決めて、100本書くまで絶対にやり続ける
  • 特定のジャンルにこだわろうとせずに雑記ブログにする。誰得?な記事でも恥ずかしがらずにガンガン露出する。例えば、おいしいラーメン食べてきました、など。
  • 原理主義から脱却する。適当に思いついたままに書く。
  • 適当に書きすぎて、誤字脱字が多すぎて、ただの自己満のブログにならないように、オンライン秘書やランサーズで手助けライターを雇って最後の校正をお願いする。全部の文字を見直して、文章がちょっとおかしくなってるか精査するのは地味に面倒くさいので。
  • 2, 3年前の自分に向けてメッセージを書く。これは、過去の困ってる自分に似た境遇の人は必ずいるだろうという仮説。そのユーザに記事を書けば何かしらの形でフィードバックが得られるので、次の記事を書くモチベーションになる
  • 普段から思いついたことを積極的にmaciOS のnotesに箇条書きでメモする。断片断片のセンテンスがあると記事が書きやすい。
  • 英語の技術ブログを運営する。Medium( https://medium.com/@atyenoria )で。日本人に技術ブログを書いても全く意味がない(自分のフィールドでは)。GithubOSSを公開してるが、ガンガン海外の方からメール飛んでくることから学んだ。
  • ちきりんさんが提唱したブログの書き方は ①アイデア②ロジック③文章作成 がお作法である。ここで、アイデアとロジックだけメモで書き溜めて、ランサーズライターに丸投げする
  • 消費をする際に常に生産を意識する。例えば、他の文章を読んでいる際に常に次に何かを書くのか想定することである。または、旅行いって観光消費する際に、記事のネタを探すことを常に意識する
  • twitterfacebookなどで、使えそうなネタは全部保存しておく。

 

まとめ

 ブログを書くことはいいことだらけで、デメリットがないことがわかった。早く楽しんでガンガン書けるようになりたい。興味が湧き上がってくる状態だ!

 

atyenoria.hatenadiary.jp