雑談で生きていく

南京虫のごとく、泥臭く生きる。今日も吸血中。

羊株式会社 と ライオン株式会社

こんにちはatyenoriaです^^。今日も朝3:00に起きてブログを書いています。2ヶ月ほど前から、酒を飲むのをやめたので体調がすこぶる良い。

 

今日は

①誰をリーダーにするのか(任せろ)

ヒエラルキー

③強運

に関して話す。

 

 

最近、アパホテルに泊まった際に、あやしい本を発見した。ジャラジャラしたアクセサリーつけていて、如何にも成金臭くて、貧乏性の自分とは馬が合わなさそうな人間だ。

強運 ピンチをチャンスに変える実践法
 

その時は、胡散くせ〜なと思ってスルーしていたが、twitterの官報ブログで見かけてかなり利益出してたので驚いた。純利益238億は凄い。ホテル業界儲かるんだな。只者じゃないこの人。買って速読した。

 

 

そのついでに、その著者(社長)が面白い動画を出していたので、ご覧になられたい。

 

youtu.be

 

 ここで、リーダーシップ論が登場する。ライオン株式会社 と ひつじ株式会社のどちらが勝つのか。ライオン株式会社は社員がひつじ。ひつじ株式会社は社員がライオン。一見すると強いのは、トータル戦闘能力が高いひつじ株式会社と思う。元谷さんの答えはライオン株式会社の勝ち。リーダーが持つリーダーシップ能力が重要ということである。恐らく、ひつじ株式会社では従業員のライオンが喧嘩して共食いしたり、怠けて動かなかったりして自滅するか、低いパフォーマンスを発揮するのだろう。よく、大学サークルの野球で甲子園球児集めましたけど練習全くしないからクソ弱いぜ!と同じだろう。

 

 あとは、ヒエラルキー(立場関係)をしっかりさせているのが注目すべきポイントである。その組織に入るには代表が意思決定するという前提条件がある。なので、ひつじ株式のひつじ社長が意思決定するとダメな方向に走るのだろう。これは、メタップス佐藤さんがブログで書いていたヒエラルキーに通じるものがある。

持続的に発展する経済システムの作り方を考えてみる | 佐藤航陽のブログ

お金2.0は自分は読んでないが、ブログは読んでいた。自立経済型システムではヒエラルキーが必須であり、それをもっていないものは淘汰される。銀座に店出したひつじ株式会社のように。

 

 また、動画に出てくる運動会というのが印象的だ。自分は小学校の時は得意だったが、それ以降はインターネットに出会い、オンラインゲーム中毒になり運動能力が低下して順位を下げていった経緯があるので、トラウマがある。走力も中一の時は7秒前半あった(遅い?)。ここで運という漢字に注目されたい。小学校の時に徒競走でリレーした運動会に何故運が必要なんだ?、謎である。ビジネスでよくやるように、要素分解して、KPIを探してみると、徒競走の世界はシンプルである。要素分解しても最後に残るのは足の速さだけである。それ一点を向上させれば良い。では、何故運がでるのか?

 

 運は自分でコントロールできるものであるので、運動会は運で戦って良いということになる。上の本( 強運 ピンチをチャンスに変える実践法 )で言いたいのは、何が起こってもポジティブに捉えて運を味方にしろということである。味方にした運の累積値がその人の能力だ。捉え方次第で、人の能力はどうとでもなる、下にも上にも。運動会での徒競走はその累積値が足の速さとなって1位や2位になる。ただ、残念ながら、オンラインゲーム中毒者は徒競走では勝てないので、他の怪しい競技を自分で作って別の土俵で戦う必要がある。

 

 自分のもっている、運の累積値が既存のゲームに適していないことがよくある。例えば、野球。みんなイチローにはなれないだろう。できないことがわかったら自分のゲームを作り出すしかない、それが起業してイノベーションを起こすということだろうか。仮想通貨の世界などわかりやすい。イーサリアムの創業者である超絶天才ビタリックさんが、インターネットが存在しない20年前に生まれていたらイーサリアムは生まれていなかっただろう。自分のフィールドをうまく探した結果なような気がする。(もちろんレオナルドダヴィンチみたいに他の分野でも結果出すかもしれないが)

 

以上、まとめると

①誰をリーダーにさせるのか

ヒエラルキー

③強運

に関して話した。

 

 

 

 

ブログを書くのがつらすぎるので、書く理由を最大限正当化して、自己洗脳してみた。

f:id:atyenoria:20180513201121j:plain


苦痛なこと程、得することが多い。しかし、苦痛すぎると継続できないので、その対策を考える

量は質を凌駕する。数年前に某団体主催の営業合宿でゴリゴリの営業マンが言っていた。もちろんエンジニアはいなかったので、アウェイだった。その分苦痛もあったが、 学びもかなり多かった。やはり苦痛が目に見えることほど、自分にとって得することが多いという直感があるので、意思決定をする際に常に辛い方を選んで来た(と思う)。

 

そこで、前々からメリットがあるとわかっていたブログを書く、自己発信をすることを始めた。しかし、序盤はかなりきつい。丸1日かかって、記事2本とかが現状限界だし、タイピング止まるので、なかなか進まない。そこで、ソリューションとして、ブログを書くメリットを可能な限りブレストして、またそれを促進するための日常的な手法についてまとめることにした。

 

 

ブログを書くことのメリットとは?

 

  • 数を重ねることで文章を書くのが早くなり、上手くなるので、普段の仕事に役に立つ
  • 普段からの自分の思考をまとめることができるので、雑談時や提案する際に、相手を納得させる能力向上
  • プロジェクトの新規立ち上げ時や、長期的なリレーションが必要な起業時の仲間集めの際に、あらかじめどういう人間かわかるので、話が早い
  • PVやCVをあげるスキルが身につく。プロジェクトでオウンドメディアが必要になったときなど使う。また、実績があるとそういった仕事に関わるチャンスが増える
  • 普段の労働集約型(単価が決まって働くような形態)以外の新しいストック型のビジネスが学べる。
  • 自分の実績やスキルが可視化できれば仕事が取りやすくなり、無収入で餓死する危険性が減る。また、何かのきっかけで転職やヘッドハンティングされる場合でも役に立つ
  • 思考の幅が広がり、生活の幅が広がり、よりよい機会が得られるようになる。その結果、ビジネス仲間が増えたり、結婚できたりする(あるのか?w)。
  • 自分は不器用なので、一度やったことは人に頼むことはできるが、全く未知の領域を人に振ることが現状できない。例えば、開発なら、タスクの投げ方がわかるが、マーケティングならそもそも何から手をつければよいのかわからない。
  • イケハヤさんが言っていた、頑張れば、頑張るほど楽になるスキームを体験したい。現状、労働集約型なので、どんどん忙しくなる。クソゲー

 

ブログを書くことのデメリットとは?

  • なし

 

ブログを効率的に書く手法

  • はじめの方は明確な数字を決める。100本決めて、100本書くまで絶対にやり続ける
  • 特定のジャンルにこだわろうとせずに雑記ブログにする。誰得?な記事でも恥ずかしがらずにガンガン露出する。例えば、おいしいラーメン食べてきました、など。
  • 原理主義から脱却する。適当に思いついたままに書く。
  • 適当に書きすぎて、誤字脱字が多すぎて、ただの自己満のブログにならないように、オンライン秘書やランサーズで手助けライターを雇って最後の校正をお願いする。全部の文字を見直して、文章がちょっとおかしくなってるか精査するのは地味に面倒くさいので。
  • 2, 3年前の自分に向けてメッセージを書く。これは、過去の困ってる自分に似た境遇の人は必ずいるだろうという仮説。そのユーザに記事を書けば何かしらの形でフィードバックが得られるので、次の記事を書くモチベーションになる
  • 普段から思いついたことを積極的にmaciOS のnotesに箇条書きでメモする。断片断片のセンテンスがあると記事が書きやすい。
  • 英語の技術ブログを運営する。Medium( https://medium.com/@atyenoria )で。日本人に技術ブログを書いても全く意味がない(自分のフィールドでは)。GithubOSSを公開してるが、ガンガン海外の方からメール飛んでくることから学んだ。
  • ちきりんさんが提唱したブログの書き方は ①アイデア②ロジック③文章作成 がお作法である。ここで、アイデアとロジックだけメモで書き溜めて、ランサーズライターに丸投げする
  • 消費をする際に常に生産を意識する。例えば、他の文章を読んでいる際に常に次に何かを書くのか想定することである。または、旅行いって観光消費する際に、記事のネタを探すことを常に意識する
  • twitterfacebookなどで、使えそうなネタは全部保存しておく。

 

まとめ

 ブログを書くことはいいことだらけで、デメリットがないことがわかった。早く楽しんでガンガン書けるようになりたい。興味が湧き上がってくる状態だ!

 

atyenoria.hatenadiary.jp

 

 

必要性と興味について考えてみた。

自分はわりとコードを書くのは得意だし、特に精神的な苦痛なくPCの前で12時間とか普通だったりする。書いてる時は時間を意識することがない。ただ楽しいだけ。だが、文章を書くのが苦手だったり、苦痛だったりする。これに関しては前にも記事に書いたぐらいだ。こんなアホなタイトルつける奴いないだろう。

atyenoria.hatenadiary.jp


この文章を書いてる時もGithubhttps://github.com/atyenoria )で興味のありそうなコードのソースコードリーディングや実験を無性にしたくなる。ふと思い立つと、無意識な時間にGithubのページを開いてしまう。

ここでマザーテレサの格言

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから

 

コードを書くというのが現在だと習慣・性格のレベルまで言ってる気がする。 それなしでは自分のアイデンティティーがないぐらいレベル。ただ、始めからこんな状態ではなかった気がする。大学3年の時に初めてのプログラミング課題である万年カレンダーをやっときは苦痛でしかなかった。また、初めてサーバーの構築をさくらVPSでした時(およそ6,7年前)のssh設定は鬼門以外の何者でもなかった。

 

振り返って見るとかなりの数を打っていた。Githubのレポジトリで糞コードを量産してきた。そして、必要性と興味があと押してして現在の興味なってきた。自分の性格上、興味だけ始まることは長続きしない。ただ純粋に面白いと思って始めたことは大概3日坊主になる。例えば、中国語の勉強。深圳に行って帰ってきて、興味湧いて始めたが、続いていない。

 

興味を持った事柄を継続させるには必要性が重要だと思う。みんなも大好きな口癖である "面白いことしかやらない"はほとんど長く続かない。毎日の生活に組み込むことができないので。生活の一部に組み込むことができなければその時に持った熱量、ある種の熱狂が3日で消えてしまう。これは大変な機会損失だと思う。

 

必要性を発生させるにはどうすれば良いのか。これは現在の仕事や生活のルーティンに無理やり組み込むことだと思う。例えば、仕事でオウドメディアが必要になった、そこで記事を書く必要がある(頼めw)。良い記事を書くには日頃から大量の没を量産して、インプットを増やす必要がる。時間に関してもシビアだ。1時間に4000文字、原稿用紙10枚書かないといけない。そういった状態だったら、いやでも書くしかない、私のように。

 

自分の中の格言として、リラックスした心地のよいことをやってる状態が最も危険で成長が全くない、悪く言えば現状維持すらできないと思っている。常にアンコーファタブルなゾーンに身を置かないとヤバイという謎の脅迫観念がある。なので、常新しいことをやり続ける必要がある。新しいことを継続するプロセスは上記で説明した通り、興味から必要性の切り替えをすることだ。じゃあ、発生させるプロセスは何か。

 

今の答えでは圧倒的なインプット量だと思っている。人間はやはり点を繋げて線を引いた延長線上でしか思考できない。今に最善をつくして、知識量を増やすことが興味を発芽させるプロセスだと思っている。就活生などで、自分のやりたいことは見つかりまシェーンみたいな人を往々に見かけるが、だいたい前提知識が不足している(と思う)。


あとは消費と生産のどちらに興味があるか重要である。自分はどちらかと言えば、生産する、新しいものを生み出すものに興味がある。そのプロセスでは新しいものを生み出せば、例えばソースコードなど、また新しい組み合わせで生み出したいという欲求が生まれる。すなわち、生産から生産の正スパイラルが起きてる現象。この状態だとつぎつぎにやりたいことが生まれて、時間が圧倒的に足りなくなる。なんで俺の1日は24時間なんだ!賢い奴は人の時間を使って1日を48時間にしてたりするが。

消費をすることだけに興味がある場合は欲求を満たし続けるのが難しい。初期に莫大な資金量があって、それを海外旅行やショッピングに使うしか道はないだろう。

 以上、色々脱線したが、まとめると、


なんかよくわからんけど、興味ができたら、必要性を生み出して、継続して、知識量を増やして、また興味を作り出せば良い



P.S
 この辺りに、もっと知見持っている方は私とランチしましょう笑

 

旅から学ぶ

先週深セン(中国)へ行ったが、国外に出たのは初。インターネットの力を駆使して、自分は語学(英語)や文化を学んできたので、わざわざ物理的に行っても新しい発見がないと思っていた。しかし、足を運んでみるとそこには困難だらけで思考力を要した。なかなか楽しめた。

 

英語圏に行けばなんとかなると思うが、中国語圏にいくと何もコミュ二ケーションがとれない。喫茶店へ行って注文するのも一苦労。スマートフォンの力を借りて、グーグル翻訳のリアルタイム画像 中国語 → 英語を駆使してメニューを見ると、ようやく注文ができる。自分は中国語の読み書きが全くできない。現地ではOkay と シェイシェイしか使えないので、必然的にボディーランゲージを使うことになる。正直ボディランゲージとグーグル翻訳を使えれば現地で生きて行くのは余裕な気がした。その能力も上がった。

 

言語が使えない前提でどれだけコミュニケーションが取れるかは。やる気(伝える努力)が重要な気がする。youtubeで出川イングリッシュなるもの見れば、どれだけこの要素が大切かわかる。

 

人間、困難に直面した時に思考力が上がるような気がする。焦るのですごい考える。そうせざるを得ない状況。スケジュールを立てて締め切り以降受け付けないので頑張るという感覚。

 

他にも色々気づきがあったので、追々書いていく。

 

OSSに貢献して得したお話

現在、android上でreact-nativeを用いて,webrtcを動かそうとしていた。みんなが使う 

GitHub - oney/react-native-webrtc: A WebRTC module for React Native. だとクラッシュしてしまう。このクラッシュが相当タチが悪い。デバッグログが全くでないので、自分の現在のスキルでは解析不可能。(androidはそこまでできないので現在勉強中)

 

そういうこともあって、諦めかけていたが、

WebRTCModule/GetUserMediaImpl.java videoConstraintsMandatory : Null pointer exception · Issue #3 · atyenoria/react-native-webrtc-janus-gateway · GitHub なんと、自分が以前に出したサンプルコード上のissueでsolutionが提案されていた。自分のアプリに組み込んであるjitsiフォーク版

GitHub - jitsi/react-native-webrtc: A WebRTC module for React Native.

に組み込むと、正しく動いた。カメラが認識された時は感動した。

 

ついでに、レポを作った。同じ問題に遭遇した方はどうぞ。iOSでビルドエラーが出るが、コメントアウトすれば動きま。

GitHub - atyenoria/react-native-webrtc: A WebRTC module for React Native.

 

最後に 

因果応報という奴を感じた。これからも情報発信はきちんとして行こうと思う。なんだかんだで返ってくる。

90歳のおばあちゃん

 前々からAirbnb + GPUマイニングを行える物件を探していた。適当に検討した結果、郊外で2DKで家賃安めの物件に決定した。現地に行くと、細い私有地みたいな住宅街を抜けた場所にある古いアパート?みたいなものだった。嫌な予感もするが、検討する時間が全くなかったので、秒殺で契約した。

 立会い日当日になると、腰が曲がったおばあちゃんが出現して、近所の挨拶回り?を行うように言われた。一緒について行って、手土産を購入して現地に向かう。歩いていいくと、おばあちゃんは方向を間違えて、逆に行く始末 orz 。足取りも非常に重そうで、なんか申し訳ないような面倒くさいような気持ちだった..

 現地になんとか到着すると、近所はすべて親戚でおばあちゃんが土地を貸している?そうだった。このおばあちゃん90歳にしてはビジネスらしいことをしてるし、元気だなーと思ってたら、元経営者でそこそこの中小企業までいったらしい。それで儲けたお金で土地を買っり、アパート立てたりした臭い。

 一つ気づいたことがあった。おばあちゃんはビジネスの話をしだすと止まらない。すごい感情的になって、マシンガントークをする。やっぱビジネス回してる時は面白かったんだろう。

 結論、ここではAirbnbはできない(笑)ので、マイニング専業にする。

泥臭く生きる

 不安定で分散が大きいと気分の浮き沈みがどうしてもある。かっこよくみんなに認められたいや、人に親切にして生きる、や他人に興味がないなどの感情が突発的に発生することがある。たいていは人との対話で気づかされるものである。

 

 泥臭く、時間単価でおおよそ〜〜円で稼ぐのは悪くはない。この手法では死ぬことがない。ただ、すぐに現実的な体力 と 時間で推定値が算出されてしまう。何かもっと不確かなバリアンスが欲しい。そこで、ビジネスだ。

 

 ビジネスは無限に成長して、無限の可能性がある。そう信じているし、そう思わせてくれる。売り上げが立ってあとは、マーケ雇って、営業マン雇って規模拡大や〜。という話を聞くたびに、自分もやりたい!と思う。

 

 自分のモチベが何であって、何で延々とコードを書いたら、企画を考えたり、売り込みに行ったしているのかはわからない。ただ面白いからやってるからだ。自分はかなりの飽き性なので、同じことをずっと続けることはできない。結果として、目的が同じで同じことをやっているように見えるが。そうではない。常に工夫や改善をしている。

 

 結論として、とりあえず今日も1日泥臭く生きる。