雑談で生きていく

南京虫のごとく、泥臭く生きる。今日も吸血中。

何言っても第一発声で否定する奴。いや違う。

 どうもこんにちは、仕事以外に何一つやることがないatyenoriaです^w^。仕事以外に趣味を持っていることを採用条件にあげている会社には永遠に採用されそうにありません。書類選考不合格です。撤退します。そこで、視点を変えて、周りからみて、趣味っぽいことを仕事に変える手法を考え中です。たとえば、海外旅行をして、ブログを書いたり、動画を作って、お金に変えるなど。そこで、今度の書類選考は趣味に海外旅行を書いて、書類選考突破したいと思います。

 

この用に、人間の根源的な部分は変わらないと思うので、自分が持ってるもの伝え方や話し方を工夫するのが大事だと思う。話し方を変えるのは、短期間で変わり、結果に見えやすいので、継続性があり、面白かったりする。きっかけは次の動画である。


ウツさん?というおっさんが最終面接でのtipsを披露している。

4つの手法で無駄な衝突を防ぐということである。

ご覧になられたい。

www.youtube.com

 

ここでは4つのポイントがある。私自身もその全部をやったことがある。自分なりの解釈と手法を用いて解説していく。

1. 褒めらた時に、謙遜するかどうか。

これは基本中の基本である。これを実践するには、評価をされた時に、 何を言われてもありがとうございます!!  と言えば良い。その後、相手の顔色をみながら本当に褒めている場合はそのまま進む。皮肉を言われてる場合は一旦引く。

2. 何言っても第一発声で否定する奴

おっしゃる通り、ほとんどの物事には対立関係がある。賛成側と反対側の立場である。例えば、喫煙を禁止すべきどうかというポイント。賛成側ならストレス解消で生産性アップ。反対側なら受動喫煙で肺がんとかだろう。大学時代の友人のディベートチャンピョンがごちゃごちゃいってた記憶がある。

 

3. 沈黙が続いて、それを放置。

語尾濁しは相手が納得していない。だいたい説明不足か的外れな回答が多い気がする。もっと喋って欲しい場合を相手に催促したりする時に使う。なので、補足説明をすれば良い。ただ、これってお互いが口下手で沈黙する場合はただ気まずい場合になるだけ。婚活のデートとかでありそうな気がする。

 

4. 参考になります。という上から目線。

これは商談ではNGかもしれない。常に、心の底から大喜びで許諾して、この出会いに感謝というのを示すべきである。プロ営業マンに同行すると、如何に人に好かれる努力をしてるかわかる。だいたい、なんて幸運なことなんでしょうか!ほんとにあなたに出会えてラッキーですね!!的な満面な笑みで言っている。自分の場合はどちらかと言えば無愛想キャラなので、無愛想キャラとして感謝の念を伝えようと努力はしている。

 

 また、最近自分の中で意識していること話す。交渉や営業の現場では常に相手の悩みは何だろうと考えながら、会話するようにしている。相手がどんなシステムをドンピシャで欲しがっており、どのような機能があったら嬉しいかなどである。以前までは、自分のスタンスとしては、相手が欲しがってる情報は何か?!という情報にフォーカスして会話していたが、これだと、会話の中で情報の断片を話す傾向があった。なので、常に悩みを共有していることを互いに確認し合った上で、そのソリューションを仮説思考でバンバン提案するスタイルを使用している。

 

まとめると、対人関係のスキルは重要であり、簡単に伸ばすことなので、速攻性がでるので、美味しい。今日読んだ、前田裕二さんも人を好きになる重要性を解いている。これにはかなり共感した。

 

そんじゃーね。

 

人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

  

補足: 最近他のブログを色々研究しており、話し方のスタイルをパクってます。